バラエティ番組

キングオブコントの歴代優勝者&ファイナリストまとめ【得点&順位も公開】

キングオブコントの歴代優勝者&ファイナリスト

 

キングオブコント2014の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2014年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

〜〜ファーストステージ〜〜

【1試合目】

コンビ名 得点
シソンヌ 54
巨匠 47

【2試合目】

コンビ名 得点
ラバーガール 83
リンゴスター 18

【3試合目】

コンビ名 得点
バンビーノ 58
さらば青春の光 43

【4試合目】

コンビ名 得点
ラブレターズ 7
犬の心 94

【5試合目】

コンビ名 得点
チョコレートプラネット 80
アキナ 21

 

〜〜ファイナルステージ〜〜

コンビ名 得点
チョコレートプラネット 83
バンビーノ 18

〜〜ファイナルステージ②〜〜

コンビ名 得点
チョコレートプラネット 85
犬の心 16

〜〜ファイナルステージ③〜〜

コンビ名 得点
チョコレートプラネット 61
ラバーガール 40

〜〜ファイナルステージ④〜〜

コンビ名 得点
チョコレートプラネット 27
シソンヌ 84

 

キングオブコント2014の優勝者は”シソンヌ”でした。

キングオブコント2014は、大会の方式が例年と異なっており、初のトーナメント方式となりました。

『ファーストステージをトーナメント方式で対戦し、勝者5組が、ファイナルステージで1組ずつ戦っていく』という初の試みとなりましたね。

結果的に、このルールでのキングオブコントは2014年大会のみとなりましたので、ある意味貴重な大会となりました。

ファーストステージから、無名のバンビーノ”ダンソン”のネタでさらば青春の光を破ったり、ラブレターズが犬の心に大差で敗退するなど、見どころのたくさんある大会でしたね。

さらに、ファイナルステージでは、チョコレートプラネットが1組ずつなぎ倒していく中、最後にシソンヌが勝利する流れは大会としても大きく盛り上がったように感じます!

ウォチマル
ウォチマル
特に、チョコレートプラネットの業者のコントは最高に面白かったです。

 

フクマル
フクマル
トーナメント方式でなければ、もしかしたら、結果は変わっていたかもしれないね。しかし、これも運命。

キングオブコント2013の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2013年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

順位 コンビ 1回目得点 2回目得点 合計得点
1位 かもめんたる 923点 982点 1905点
2位 鬼ヶ島 904点 950点 1854点
3位 天竺鼠 879点 946点 1825点
4位 さらば青春の光 899点 847点 1746点
5位 TKO 896点 808点 1704点
6位 ジグザグジギー 825点 819点 1644点
7位 アルコ&ピース 831点 808点 1639点
8位 うしろシティ 773点 814点 1587点

キングオブコント2013の優勝者は”かもめんたる”でした。

キングオブコント2013は、かもめんたるの大会となりましたね。

特に、かもめんたるの2本目のネタは非常に面白かったです。

フクマル
フクマル
かもめんたるの2本目のネタは982点で、大会最高得点だったみたいだね。
ウォチマル
ウォチマル
個人的には、天竺鼠の2本目もめちゃ笑った。

キングオブコント2012の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2012年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

順位 コンビ 1回目得点 2回目得点 合計得点
1位 バイきんぐ 967点 974点 1941点
2位 さらば青春の光 862点 945点 1807点
3位 かもめんたる 883点 907点 1790点
4位 しずる 913点 875点 1788点
5位 うしろシティ 843点 837点 1680点
6位 夜ふかしの会 778点 717点 1495点
7位 銀シャリ 754点 732点 1486点
8位 トップリード 711点 683点 1394点

キングオブコント2012の優勝者は”バイきんぐ”でした。

キングオブコント2012は、バイきんぐがぶっちぎりで優勝しています!

2位と134点差もつけての優勝で、まさに圧巻ですね。

特に、今大会で小峠さんが発した”なんて日だ”というツッコミのフレーズは大きなブームとなりました。

フクマル
フクマル
もはや、CMに起用されていますね。

また、今大会は『夜ふかしの会』が4人以上のグループとして初めてキングオブコント決勝進出を果たしたり、漫才師の印象が強い『銀シャリ』が決勝進出を果たすなど、話題の多い大会でもありましたね。

ウォチマル
ウォチマル
2位のさらば青春の光も面白かったんだけどね。バイきんぐが凄すぎた。

キングオブコント2011の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2011年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

順位 コンビ 1回目得点 2回目得点 合計得点
1位 ロバート 942点 934点 1876点
2位 2700 884点 925点 1809点
3位 モンスターエンジン 843点 919点 1762点
4位 インパルス 815点 881点 1696点
5位 鬼ヶ島 874点 805点 1679点
6位 TKO 757点 877点 1634点
7位 ラブレターズ 790点 798点 1588点
8位 トップリード 750点 765点 1515点

キングオブコント2011の優勝者は”ロバート”でした。

ロバートは、1本目、2本目共に高得点を叩き出しているので、文句なしの優勝となりましたね。

ウォチマル
ウォチマル
個人的にはモンスターエンジンのメタリックのネタもめちゃ笑った。
フクマル
フクマル
実力派のTKOとインパルスは2本目高得点だけど、1本目が伸びなかったね。

キングオブコント2010の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2010年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

順位 コンビ 1回目得点 2回目得点 合計得点
1位 キングオブコメディ 908点 928点 1836点
2位 ピース 827点 942点 1769点
3位 TKO 820点 916点 1736点
4位 ジャルジャル 829点 898点 1727点
5位 ラバーガール 864点 830点 1694点
6位 しずる 898点 772点 1670点
7位 ロッチ 826点 781点 1607点
8位 エレキコミック 727点 720点 1447点

キングオブコント2010の優勝者は”キングオブコメディ”でした。

キングオブコメディは、今大会唯一の1本目、2本目ともに900点以上の高得点を叩き出しています!

どちらも面白いネタでしたし、個人的に昔から好きだったコンビなので、優勝した時、嬉しかった思い出があります。

また、ピースの2本目のネタもめちゃ面白かったですね。

ウォチマル
ウォチマル
キングオブコメディのコントは最高に笑える。
フクマル
フクマル
最高に面白かったからこそ、解散は残念だよね。

キングオブコント2009の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2009年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

順位 コンビ 1回目得点 2回目得点 合計得点
1位 東京03 835点 953点 1788点
2位 サンドウィッチマン 878点 865点 1743点
3位 しずる 820点 865点 1743点
4位 インパルス 767点 868点 1635点
5位 モンスターエンジン 771点 855点 1626点
6位 ロッチ 807点 804点 1611点
7位 天竺鼠 723点 829点 1552点
8位 ジャルジャル 734点 805点 1539点

キングオブコント2009の優勝者は”東京03”でした。

1本目はサンドウィッチマンが最高得点を叩き出していましたが、2本目で、東京03が今大会唯一の900点台を叩き出し、優勝しましたね!

1本目が終わった時は、サンドウィッチマンの2冠がよぎりましたが、最終的に、優勝したのは東京03でした!

東京03は現在、ライブを行えば、即完売だそうですし、YouTube動画の再生回数も凄いですから、今では『誰もが認めるコント師』といった感じですね。

フクマル
フクマル
M-1、THE MANZAIと合わせて、初めて優勝した3人組が東京03だよ。まさにレジェンド!
ウォチマル
ウォチマル
個人的には、天竺鼠の2本目のコンビニのネタもめちゃ笑った。

キングオブコント2008の優勝者&ファイナリストを紹介【得点&順位も公開】

2008年のキングオブコントの優勝者&ファイナリストは以下の通りです!

【Aリーグ】

順位 コンビ名 得点
1位 バッファロー吾郎 460点
2位 ザ・ギース 400点
3位 天竺鼠 388点
4位 TKO 368点

【Bリーグ】

順位 コンビ名 得点
1位 バナナマン 482点
2位 ロバート 473点
3位 チョコレートプラネット 415点
4位 2700 327点

【決勝】

順位 コンビ名
優勝 バッファロー吾郎
準優勝 バナナマン

キングオブコント2008の優勝者は”バッファロー吾郎”でした。

ただ、バナナマンも面白かったですし、ファイナルステージに行けなかったロバートも面白かったですね。

フクマル
フクマル
予選【Bリーグ】のバナナマンVSロバートは見ごたえ抜群!

また、ベテラン勢に加えて、コンビ結成2年目の若かりしチョコレートプラネットやコンビ結成わずか8ヶ月の2700も出場していますね。

ウォチマル
ウォチマル
今やキングオブコント常連の人気コンビ”チョコレートプラネット”の初々しい姿が見れる貴重な大会だね。

まとめ

今回は、キングオブコントの歴代優勝者&ファイナリストを紹介してきましたが、いかがでしたか?

キングオブコントはM-1と違って、芸歴制限などないので、若手とベテランが混在する大会となります!

無名だった『2700』『にゃんこスター』といったコンビが突如現れて、キングオブコントをきっかけに、爆発的な人気を獲得しますので、誰にでもスターになれるチャンスがある大会ですよね!

一方で、『インパルス』『アンガールズ』など、実力派コンビが登場するのも面白いです!

『勝ってほしい』と願いながらも勝ち切れなかったり、若手とベテランの戦いがバチバチなのも見どころ抜群です!

お笑い好きにはたまらない、1年に1度のビッグイベントですね!

ウォチマル
ウォチマル
ネタを見るのが好きな私からすると、全く知らないコンビが登場すると、ワクワクします。
フクマル
フクマル
気になりつつも、あえてそのコンビのネタは事前に調べずに見るのが面白いよね。
1 2
〜お笑い賞レース特集〜