2024年開催『アジアカップ2023』の視聴方法!テレビ放送&ライブ中継&見逃し配信を見る方法をわかりやすく解説!

M-1グランプリ2023敗者復活戦の投票ルール&順番&結果まとめ!

M-1グランプリ2023 敗者復活戦 投票ルール 順番 結果

この記事では、2023年12月24日(日曜日)に「新宿住友ビル 三角広場」で開催される「M-1グランプリ2023 敗者復活戦」について紹介しています。

この記事を読めば、「M-1グランプリ2023 敗者復活戦」の投票ルール・順番・結果についてまとめているので、

  • M-1グランプリ2023 敗者復活戦の投票ルールについて知りたい
  • M-1グランプリ2023 敗者復活戦のネタの順番が知りたい
  • M-1グランプリ2023 敗者復活戦の投票結果(順位)が知りたい

という人は、ぜひ、参考にしてください。

ウォチマル

M-1グランプリの敗者復活戦は、例年、「六本木ヒルズアリーナ」で開催されていたけど、今年は「新宿住友ビル 三角広場」で開催!

フクマル

投票ルールも去年とかなり変わったよ!

スポンサードリンク

タップできる目次

M-1グランプリ2023敗者復活戦の投票ルール

M-1グランプリ2023敗者復活戦の投票ルールは例年と大きく異なります。

まず、M-1グランプリ2023敗者復活戦は、全21組が『A』『B』『C』の3ブロックに分かれてネタを披露します。(各ブロック7組ずつ振り分けられる)

1組ずつネタを披露していき、タイマン形式で投票が行われます。

例えば、「1組目 vs. 2組目」「先ほどの勝者 vs. 3組目」「先ほどの勝者 vs. 4組目」といった流れで対戦していき、最終的に勝ち残ったコンビがそのブロックの勝者となります。

ウォチマル

今回の敗者復活戦はブロックごとの勝ち残りシステム!

また、審査員は会場にいる観客の中からランダムに選ばれます。

1組ずつ、ネタが終わった後、会場にいる観客の中から審査員をランダムに選び、その投票結果で勝敗を決めます。

フクマル

会場にいる観客が審査するから、今まで見たいに誰でも審査できるシステムではなくなってしまったよ。

『A』『B』『C』の3ブロックの勝者が決まったら、次は芸人による審査があります。

会場でネタを見ていた芸人審査員が勝者3組の中から最も面白かったコンビに投票。

芸人審査員の投票数が最も多かったコンビが敗者復活戦の勝者となり、敗者復活枠として、M-1グランプリ2023の決勝に進出できます。

スポンサードリンク

投票ルールの違い

今までは、M-1グランプリの敗者復活戦を見ている人なら誰でも投票できました。

例えば、テレビで生放送を見ている人は、リモコンの「dボタン」から投票できましたし、M-1の公式サイトからも投票できました。

しかし、M-1グランプリ2023敗者復活戦では、会場にいる観客しか投票できません。

今までの大会では、ネタの面白さに加えて、『知名度』や『人気』が投票を左右していたという印象がありましたが、今大会からは、より『知名度』や『人気』関係なく、面白いコンビが勝ち上がる仕組みになっています。

初の試みなので、視聴者がどのように感じるかはわかりませんが、個人的にはより公平になったと感じます。

実際、M-1グランプリ2023の決勝進出者会見でMCを務めたマヂカルラブリーの野田クリスタルさんは、以下のようにコメントしています。

予選に近い感じになったかもしれない。誰が上がってもおかしくない

引用元:「M-1」敗者復活戦のルール変更、3ブロックに分かれて1対1の勝ち残り形式に

今までは、若干「人気投票」の要素もあり、不満を感じている意見もありましたが、今大会からは本当に面白いコンビが勝ち上がる仕組み。

誰が勝ち上がってもおかしくないため、個人的には今までよりも今大会の投票ルールの方が納得感がありますね。

ウォチマル

このルールなら『人気はないけど実力がある』ってコンビでも勝ち上がれる!

フクマル

これなら無名コンビにもチャンスあり!

スポンサードリンク

M-1グランプリ2023敗者復活戦の出場者一覧まとめ!

M-1グランプリ2023敗者復活戦の出場者はこちら。

  • フースーヤ
  • ヘンダーソン
  • ママタルト
  • ぎょうぶ
  • オズワルド
  • 豪快キャプテン
  • バッテリィズ
  • エバース
  • シシガシラ
  • ナイチンゲールダンス
  • ななまがり
  • きしたかの
  • 鬼としみちゃむ
  • トム・ブラウン
  • ダイタク
  • ロングコートダディ
  • 華山
  • ドーナツ・ピーナツ
  • 20世紀
  • ニッポンの社長
  • スタミナパン

M-1グランプリ2023敗者復活戦のネタ順一覧まとめ!

M-1グランプリ2023敗者復活戦はブロックごとにネタを披露します。

ブロックは、

  • Aブロック
  • Bブロック
  • Cブロック

に分かれており、『Aブロック』からネタを披露。

ブロックごとのネタ順はこちら。

Aブロック

  • 華山
  • ぎょうぶ
  • ロングコートダディ
  • ニッポンの社長
  • 20世紀
  • ママタルト
  • ヘンダーソン

Bブロック

  • 豪快キャプテン
  • 鬼としみちゃむ
  • スタミナパン
  • トム・ブラウン
  • エバース
  • ナイチンゲールダンス
  • オズワルド

Cブロック

  • ドーナツ・ピーナツ
  • きしたかの
  • シシガシラ
  • ダイタク
  • ななまがり
  • バッテリィズ
  • フースーヤ

M-1グランプリ2023敗者復活戦の投票結果(順位)

M-1グランプリ2023敗者復活戦の投票結果(順位)はこちら。

\ Aブロック /

対戦観客審査員
投票結果
華山
vs
ぎょうぶ
52% – 48%
華山
vs
ロングコートダディ
13% – 87%
ロングコートダディ
vs
ニッポンの社長
68% – 32%
ロングコートダディ
vs
20世紀
62% – 38%
ロングコートダディ
vs
ママタルト
48% – 52%
ママタルト
vs
ヘンダーソン
41% – 59%

Aブロックを勝ち上がったのは“ヘンダーソン”です。

\ Bブロック /

対戦観客審査員
投票結果
豪快キャプテン
vs
鬼としみちゃむ
11% – 89%
鬼としみちゃむ
vs
スタミナパン
47% – 53%
スタミナパン
vs
トム・ブラウン
47% – 53%
トム・ブラウン
vs
エバース
20% – 80%
エバース
vs
ナイチンゲールダンス
33% – 67%
ナイチンゲールダンス
vs
オズワルド
73% – 27%

Bブロックを勝ち上がったのは“ナイチンゲールダンス”です。

\ Cブロック /

対戦観客審査員
投票結果
ドーナツ・ピーナツ
vs
きしたかの
70% – 30%
ドーナツ・ピーナツ
vs
シシガシラ
15% – 85%
シシガシラ
vs
ダイタク
72% – 28%
シシガシラ
vs
ななまがり
53% – 47%
シシガシラ
vs
バッテリィズ
78% – 22%
シシガシラ
vs
フースーヤ
60% – 40%

Cブロックを勝ち上がったのは“シシガシラ”です。

ブロック予選を勝ち上がったのは、

ブロック勝者
Aブロックヘンダーソン
Bブロックナイチンゲールダンス
Cブロックシシガシラ

の3組。

上記の3組から芸人審査員が選んだのは“シシガシラ”です。

コンビ名票数
ヘンダーソン1票
ナイチンゲールダンス0票
シシガシラ4票

というわけで、敗者復活戦を勝ち抜いたのはシシガシラでした!

ウォチマル

敗者復活戦は全組面白かった!

フクマル

審査方法が変わったことで、より楽しめるようになったね!

M-1グランプリ2023敗者復活戦の司会者&アシスタント&審査員まとめ!

M-1グランプリ2023敗者復活戦の概要はこちら。

司会者陣内智則
アシスタント西野七瀬
審査員石田明(NON STYLE)
柴田英嗣(アンタッチャブル)
野田クリスタル(マヂカルラブリー)
山内健司(かまいたち)
渡辺隆(錦鯉)

M-1グランプリ2023敗者復活戦の概要

M-1グランプリ2023敗者復活戦の概要はこちら。

開催日2022年12月24日(日曜日)
開催時間14:40(開場 13:40)
会場新宿住友ビル 三角広場
進行陣内智則
西野七瀬
配信TVer

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票ルールや結果まとめ

M-1グランプリ2022敗者復活戦の詳細はこちらをタップ。

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票ルール

M-1グランプリ2022の敗者復活戦の投票ルールは以下です。

全ネタ視聴して面白いと思った3組に投票する。

投票は1人3票までで、最も投票数を獲得したコンビが敗者復活戦の勝者となり、決勝戦へ進むことができます。

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票方法

投票方法は「dボタン」もしくはM-1公式サイトから投票することができます。

M-1グランプリ2022の敗者復活戦は2022年12月18日(日曜日)にテレビ朝日系で「15:00〜17:25」に放送されます。

また、ネタ動画は「M-1公式サイト」でも配信されるので、テレビで見れなくても、スマホがあれば視聴可能。

「テレビ」もしくは「M-1公式サイト」で全ネタ視聴した上で、最も面白いと感じた3組に投票します。

dボタンで投票する方法

テレビで視聴している方は、「dボタン」から面白い3組を選択して投票。

dボタン
dボタン
ウォチマル

dボタンの投票は超簡単です。

M-1公式サイトから投票する方法

M-1公式サイトから投票することもできます。

ウォチマル

ここでは、M-1グランプリ2022の敗者復活戦で実際に私が投票した時の画像を使って紹介しますね。

M-1公式サイトから「敗者復活戦の投票ページ」から投票できます。

敗者復活戦の投票ページでは、「採点メモ」という機能が利用できます。

「採点メモ」を利用することで、全18組のネタの採点をメモしておくことができます。

ウォチマル

採点メモを上手く活用すると、最後の3組の投票がとてもスムーズになるよ!

全18組のネタが終了すると、面白かった3組の投票ができるようになります。

フクマル

投票の受付が開始されると「投票受付中」という文字が表示されます。

出典:M-1公式サイト

投票の受付が始まったら、面白いと思った3組を選択します。

出典:M-1公式サイト

面白いと思ったコンビをタップすると、「あなたが選ぶベスト3」という欄に選択したコンビの写真がはまっていきます。

例えば、私であれば、「令和ロマン」「ハイツ友の会」「ななまがり」の3組を選択しました。すると、以下のように選択した3組の顔写真がはまっていきます。(2022年大会)

面白いと思ったコンビを3組選び、間違いがなければ「投票する」をタップします。

出典:M-1公式サイト

「投票する」をタップすると、「上にスライドしてください」と表示されるので、上にスライドします。

出典:M-1公式サイト

上にスライドすると、「性別」「年齢」「都道府県」を入力する項目が表示されるので、入力します。

「性別」「年齢」「都道府県」の入力が完了したら「送信」をタップ。

出典:M-1公式サイト

「送信」をタップしたら、「投票が完了いたしました。ありがとうございました。」と表示されます。

出典:M-1公式サイト

以上がM-1公式サイトからの投票方法になります。

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票受付時間

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票は「dボタン」「M-1公式サイト」で受付時間が変わります。

\ 投票受付時間 /

投票方法受付時間
dボタン全組のネタ終了後~午後5時25分
M-1公式サイト
(スマートフォン・PCでの投票)
全組のネタ終了後~午後6時34分

「dボタン」「M-1公式サイト」と投票方法によって受付時間が変わるので、注意が必要です。

M-1グランプリ2022敗者復活戦の出場者&ネタの順番

M-1グランプリ2022敗者復活戦のネタの順番は出番順抽選会で決定します。

\ 概要 /

開催日2022年12月18日(日曜日)
開催時間12:30〜
会場六本木ヒルズアリーナ
進行石田明(NON STYLE)
鷲尾千尋(ABCテレビアナウンサー)
配信YouTube公式アカウント
TikTok公式アカウント
LINE公式アカウント

出番順抽選会は12時30分から「YouTube」「TikTok」「LINE LIVE」でライブ配信されます。

出番順抽選会のYouTube動画はこちら。

出番順抽選会の結果、敗者復活戦のネタ順は以下のようになりました。

ネタの順番

  1. シンクロニシティ
  2. ママタルト
  3. からし蓮根
  4. THIS IS パン
  5. オズワルド
  6. 令和ロマン
  7. ストレッチーズ
  8. カゲヤマ
  9. ビスケットブラザーズ
  10. ななまがり
  11. ダンビラムーチョ
  12. ハイツ友の会
  13. ケビンス
  14. ヤーレンズ
  15. ミキ
  16. かもめんたる
  17. マユリカ

また、敗者復活戦に出場する予定だったコウテイは「体調不良」を理由に欠場しています。

ちなみに、コウテイはM-1グランプリ2021年でも3回戦直前に下田真生さん、九条ジョーさんがそろって新型コロナウイルスに感染し、出場辞退しています。

ウォチマル

コウテイは2年連続で体調不良により、欠場。

フクマル

決勝進出を期待されているだけに、残念。

M-1グランプリ2022敗者復活戦の司会者&アシスタント

M-1グランプリ2022敗者復活戦の司会者は“陣内智則”さんが務めています。

アシスタントは“ヒロド歩美”アナが務めています。

また、ゲストにはNON STYLEの石田明さんとスピードワゴンの小沢一敬さんが登場しています。

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票結果(順位)

M-1グランプリ2022敗者復活戦の投票結果(順位)は以下です。

  1. オズワルド
  2. 令和ロマン
  3. ミキ
  4. からし蓮根
  5. マユリカ
  6. ヤーレンズ
  7. ビスケットブラザーズ
  8. ななまがり
  9. ケビンス
  10. ハイツ友の会
  11. ダンビラムーチョ
  12. カゲヤマ
  13. かもめんたる
  14. シンクロニシティ
  15. THIS IS パン
  16. ママタルト
  17. ストレッチーズ

敗者復活戦を勝ち抜いたのは“オズワルド”でした。

まとめ

M-1グランプリ2023敗者復活戦の投票ルールは、去年と大きく異なります。

投票ルール

全21組が『A』『B』『C』の3ブロック(各ブロック7組ずつ)に分かれてネタを披露し、タイマン形式で投票が行われる。

1組ずつ、ネタが終わった後、会場にいる観客の中から審査員をランダムに選び、その投票結果で勝敗を決める。

『A』『B』『C』の3ブロックの勝者が決まったら、会場でネタを見ていた芸人審査員が勝者3組の中から最も面白かったコンビに投票。

芸人審査員の投票数が最も多かったコンビが敗者復活戦の勝者となり、敗者復活枠として、M-1グランプリ2023の決勝に進出できる。

今までは、視聴者含め、誰でも投票できましたが、今大会からは、会場にいる観客でないと投票できません。

そのため、『当日、最も観客を笑わせたコンビが敗者復活戦を勝ち抜く』というシンプルなルールになりました。

ウォチマル

今までは『人気投票』の要素があったけど、今大会からは『誰にでもチャンスがある』というルールに変更したね。

フクマル

これなら人気がないコンビでも、面白ければ勝ち上がれる仕組み!

スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次