バラエティ番組

THE Wがつまらない&面白くないと言われる理由はなぜ?歴代視聴率も紹介!

THE Wがつまらない&面白くないと言われる理由
フクマル
フクマル
THE Wってつまらないの?

このような質問に答えます!

2017年から毎年開催されている女芸人No.1決定戦『THE W』ですが、開催当初から『つまらない』『面白くない』といった厳しい意見が多々ありました。

この記事では『なぜ、女芸人No.1決定戦『THE W』は『つまらない』と評価されているのか?』考えていきたいと思います!

また、私個人の意見としては『2017年と2018年の『THE W』は確かに盛り上がりに欠ける大会だな』という印象でしたが『2019年以降は面白い大会になってきたな』という印象があります。

この辺りについても紹介していきますので、興味のある方はぜひ、読み進めてください!

ウォチマル
ウォチマル
『THE W』はまだ開催されたばかりの大会だからつまらないと言われても仕方ない。
フクマル
フクマル
M-1も最初、凄まじい空気感だったもんね。

THE Wがつまらない&面白くないと言われる理由はなぜ?

2017年から毎年、開催されている女芸人No.1決定戦『THE W』ですが、SNSで『つまらない』『面白くない』といった意見が多々あります。

特に、2017年と2018年は『つまらない』『面白くない』といった意見が多かった印象ですね。

では、なぜ『THE W』は『つまらない』『面白くない』と評価されてしまったのか。。

その理由は以下にあると、私は考えます!

つまらないと言われてしまった理由

・出場メンバーが他の賞レースで結果を出せてない

・審査員が芸人じゃない(2017年、2018年)

一つずつ紹介します。

出場メンバーが他の賞レースで結果を出せてない

女芸人No.1決定戦『THE W』はその名の通り、女性芸人しか出場できません。

出場メンバーに関しては以下でして、賞レースで結果を出しているメンバーが少ないんですよね。。

THE W2017

・はなしょー

・ニッチェ

・アジアン(M-1決勝進出経験あり)

・紺野ぶるま(R-1決勝進出経験あり)

・中村涼子

・牧野ステテコ

・まとばゆう

・押しだしましょう子

・どんぐりパワーズ

・ゆりやんレトリィバァ(R-1決勝進出経験あり)

※優勝 → ゆりやんレトリィバァ

THE W2018

・ゆりやんレトリィバァ(R-1決勝進出経験あり)

・あぁ~しらき

・吉住

・ニッチェ

・根菜キャバレー

・合わせみそ

・横澤夏子(R-1決勝進出経験あり)

・紺野ぶるま(R-1決勝進出経験あり)

・阿佐ヶ谷姉妹

・紅しょうが

※優勝 → 阿佐ヶ谷姉妹

THE W2019

・阿佐ヶ谷姉妹

・123☆45

・おかずクラブ

・紺野ぶるま(R-1決勝進出経験あり)

・3時のヒロイン

・そのこ

・つぼみ大革命

・にぼしいわし

・はなしょー

・ハルカラ

※優勝 → 3時のヒロイン

過去大会の出場メンバーを見ても分かる通り、『M-1』『キングオブコント』『R-1』等の他の賞レースで決勝進出経験のある実力者が少ないです。

この点から『そもそも、実力者は出場していないのでは?』と感じてしまうんですよね。。

 

実際、ネタの評価が高い『友近』は第一回に出場するも『ネタの小道具が揃わない』という理由で欠場。

>> 「女芸人No.1決定戦」友近欠場で大ピンチ 予選で起きたマネジャーの大チョンボ

M-1準決勝進出経験のある『Aマッソ』は2017年〜2019年まで出場しておらず、『平野ノラ』『ブルゾンちえみ』などの旬な芸人も欠場。。

以上のことから、今までの『THE W』は、知っている女性芸人が出場するわけでもなく、かといって、賞レースで結果を出している女性芸人が出場するわけでもありませんでした。

結果、『M-1』や『キングオブコント』を視聴しているお笑いファンが『THE W』を見ると、『なんか物足りないかも』と思ってしまうわけです。

というわけで、THE Wがつまらないと言われる理由の一つとして、『出場メンバーが物足りない』という点が挙げられるかと思います。

ウォチマル
ウォチマル
視聴者としてはM-1見慣れてるからよっぽど面白くないと笑えないかも。。
フクマル
フクマル
ミルクボーイ、かまいたち、和牛、霜降り明神のネタ見ちゃってるからね。そこと比較しちゃうと。。

審査員が芸人じゃない(2017年、2018年)

『THE W』の過去大会の審査員は以下です。

THE W2017

・ヒロミ

・生瀬勝久

・新川優愛

・吉田沙保里

・若槻千夏

・柴田理恵

THE W2018

・清水ミチコ

・滝沢カレン

・土屋太鳳

・中尾明慶

・ヒロミ

・福原愛

THE W2019

・清水ミチコ

・田中卓志(アンガールズ)

・哲夫(笑い飯)

・久本雅美

・ヒロミ

・リンゴ(ハイヒール)

2019年大会に関しては、芸人が審査員をしていますが、2017年と2018年に関しては、芸人の審査員は少なく、タレントや役者が審査しています。

お笑い芸人の1000万円がかかった賞レースなのに、審査員がお笑い芸人じゃないのは少し不可解ですよね。。

『M-1』や『キングオブコント』など、お笑いの賞レースってお笑い芸人がガチで審査するから面白かったりします。

ウォチマル
ウォチマル
上沼恵美子さんはこのネタこんな風に評価したんだぁ。
フクマル
フクマル
まっちゃんの意見も聞きたいなぁ。

しかし、お笑い芸人じゃない人の審査だと、なんだか物足りないって感じちゃいますよね。

この点も、『THE W』がつまらないと言われた理由の一つではないかと思います。

ただ、2017年と2018年は少し不満でしたが、2019年はしっかりとお笑い芸人が審査しているので改善されているように感じます!

ウォチマル
ウォチマル
特に、『ハイヒール』のリンゴさんが審査しているのは良い!
フクマル
フクマル
上沼恵美子さんにも審査員に入ってほしいな。

THE Wは徐々に面白くなっている!

『THE W』は酷評な意見が多々ある大会ですが、個人的には徐々に面白さが増しているように感じます!

特に、2017年と2018年大会に比べ、2019年大会は大いに盛り上がったように感じました。

それに、2019年大会で優勝した3時のヒロインは、その後、テレビで大ブレイク!

3時のヒロインが大ブレイクしたことで、『THE Wで優勝したら売れる』という雰囲気が作れたように思います!

ウォチマル
ウォチマル
3時のヒロインがブレイクしたことで、THE Wの注目度も増した気がする!
フクマル
フクマル
THE Wが女芸人の登竜門になると良いよね!

また、2020年大会に関しては今まで出場しなかった『Aマッソ』が決勝進出を果たしていますし、現在、テレビで大活躍中の『ぼる塾』も決勝進出しています!

2020年大会も2019年大会以上に盛り上がる予感ですね!

THE Wの歴代視聴率まとめ

『THE W』の歴代大会の視聴率は以下です!

2017年 → 13.1

2018年 → 11.5

2019年 → 11.6

※関東地区

第1回目が最も注目を集めていたこともあり、歴代で一番視聴率が高いです!

しかし、第1回目の盛り上がりがイマイチだったせいか、第2回目は視聴率も下がっていますね。

 

ただ、第3回目は第2回目よりも少し上がっています!

そして、第3回目で3時のヒロインが優勝し、大ブレイクしたことから、第4回目の2020年大会は最も盛り上がるはず!

2020年大会は歴代で最も高視聴率が取れることに期待です!

ウォチマル
ウォチマル
2020年大会良いメンバーが揃っているから期待大!
フクマル
フクマル
M-1と時期がかぶるのが少し気になるけどね。。

まとめ:2020年のTHE Wはきっと面白い!

『THE W』は2017年と2018年は酷評でした。

しかし、2019年は以前と比較しても、最も盛り上がった印象があります。

特に、優勝した3時のヒロインがブレイクしたのがデカイですよね!

3時のヒロインがブレイクしてくれたおかげで、『THE W』の期待値も高まった印象があります!

第1回目と第2回目は酷評でしたが、徐々に大会自体、レベルアップしていますので、2020年の『THE W』はきっと面白いですよ!

ウォチマル
ウォチマル
2020年大会は個人的にかなり楽しみ!
フクマル
フクマル
良いメンバーが揃っているよね!
〜お笑い賞レース特集〜