バラエティ番組

THE Wがつまらない&面白くないと言われる理由はなぜ?歴代視聴率も紹介!

THE Wがつまらない&面白くないと言われる理由
フクマル
フクマル
THE Wってつまらないの?

このような質問に答えます!

2017年から毎年開催されている女芸人No.1決定戦『THE W』ですが、開催当初から『つまらない』『面白くない』といった厳しい意見が多々ありました。

そこで、この記事では『なぜ、女芸人No.1決定戦『THE W』は『つまらない』と評価されているのか?』考えていきたいと思います。

また、私個人の意見としては『2017年と2018年の『THE W』は確かに盛り上がりに欠ける大会だな』という印象でしたが『2019年以降は面白い大会になってきた』という感想です。

この辺りについても紹介していきますので、興味のある方はぜひ、読み進めてください!

ウォチマル
ウォチマル
『THE W』はまだ開催されたばかりの大会だからつまらないと言われても仕方ない。
フクマル
フクマル
M-1も最初、凄まじい空気感だったもんね。

THE Wがつまらない&面白くないと言われる理由はなぜ?

2017年から毎年、開催されている女芸人No.1決定戦『THE W』ですが、SNSで『つまらない』『面白くない』といった意見が多々あります。

特に、2017年と2018年は『つまらない』『面白くない』といった意見が多かった印象ですね。

なぜ『THE W』は『つまらない』『面白くない』と評価されてしまったのか。

その理由は以下にあると、私は考えます。

つまらないと言われてしまった理由

・出場メンバーが他の賞レースで結果を出せてない

・審査員が芸人じゃない(2017年、2018年)

・審査方法が対戦形式

一つずつ紹介します。

出場メンバーが他の賞レースで結果を出せてない

女芸人No.1決定戦『THE W』はその名の通り、女性芸人しか出場できません。

これまでのの出場メンバーは以下でして、『THE W』以外の賞レースで決勝進出しているメンバーが少ないんですよね。

THE W2017

・はなしょー
・ニッチェ
・アジアン(M-1決勝進出経験あり)
・紺野ぶるま(R-1決勝進出経験あり)
・中村涼子
・牧野ステテコ
・まとばゆう
・押しだしましょう子
・どんぐりパワーズ
・ゆりやんレトリィバァ(R-1決勝進出経験あり)

※優勝 → ゆりやんレトリィバァ

THE W2018

・ゆりやんレトリィバァ(R-1決勝進出経験あり)
・あぁ~しらき
・吉住
・ニッチェ
・根菜キャバレー
・合わせみそ
・横澤夏子(R-1決勝進出経験あり)
・紺野ぶるま(R-1決勝進出経験あり)
・阿佐ヶ谷姉妹
・紅しょうが

※優勝 → 阿佐ヶ谷姉妹

THE W2019

・阿佐ヶ谷姉妹
・123☆45
・おかずクラブ
・紺野ぶるま(R-1決勝進出経験あり)
・3時のヒロイン
・そのこ
・つぼみ大革命
・にぼしいわし
・はなしょー
・ハルカラ

※優勝 → 3時のヒロイン

THE W2020

・Aマッソ
オダウエダ
・ターリーターキー
・TEAM BANANA
・にぼしいわし
・はなしょー
・ぼる塾
・紅しょうが
・ゆりやんレトリィバァ(R-1決勝進出経験あり)
・吉住

※優勝 → 吉住

THE W2021

ヨネダ2000
紅しょうが
・茶々
・TEAM BANANA
・オダウエダ
・天才ピアニスト
・女ガールズ
・ヒコロヒー
・スパイク
・Aマッソ

※優勝 → オダウエダ

『M-1』『キングオブコント』『R-1』といった全国的に注目されている賞レースで結果を出しているメンバーが少ないことから、視聴者は少し物足りなさを感じてしまうのかもしれません。

ウォチマル
ウォチマル
『M-1』『キングオブコント』と比較すると、どうしても、面白さは落ちてしまうのかも。
フクマル
フクマル
ミルクボーイ、かまいたち、和牛、霜降り明神のネタ見ちゃってるからね。

審査員が芸人じゃない(2017年、2018年)

『THE W2017』『THE W2018』の審査員は以下です。

THE W2017

・ヒロミ
・生瀬勝久
・新川優愛
・吉田沙保里
・若槻千夏
・柴田理恵

THE W2018

・清水ミチコ
・滝沢カレン
・土屋太鳳
・中尾明慶
・ヒロミ
・福原愛

2017年と2018年の『THE W』は、芸人の審査員は少なく、タレントや役者が審査しています。

もちろん、審査員は一切悪くないのですが、視聴者としては『お笑い芸人の1000万円がかかった賞レースなのに、審査員がお笑い芸人じゃない』というのは少し不可解。

『M-1』や『キングオブコント』など、お笑いの賞レースってお笑い芸人がガチで審査するから面白かったりします。

ウォチマル
ウォチマル
上沼恵美子さんはこのネタこんな風に評価したんだぁ。
フクマル
フクマル
まっちゃんの意見も聞きたいなぁ。

しかし、お笑い芸人じゃない人の審査だと、なんだか物足りないというか。。

この点も、『THE W』がつまらないと言われた理由の一つではないかと思います。

ただ、2017年と2018年は少し不満でしたが、2019年からはお笑い芸人が審査しているので面白い大会になっています。

THE W2019

・清水ミチコ
・田中卓志(アンガールズ)
・哲夫(笑い飯)
・久本雅美
・ヒロミ
・リンゴ(ハイヒール)

ウォチマル
ウォチマル
特に、『ハイヒール』のリンゴさんが審査しているのは良い!
フクマル
フクマル
上沼恵美子さんにも審査員に入ってほしいな。

審査方法が対戦形式

『THE W』が終わった後に必ず論争になるのが、審査方法です。

例えば、2020年大会は、決勝で『Aマッソ』が『ゆりやんレトリィバァ』に負けた時は、SNSを中心に『Aマッソの方が面白かった』といった意見が多数上がりましたし、2021年大会は、オダウエダが僅差で優勝しましたが、『優勝はAマッソか天才ピアニストでしょ!』といった意見が多数上がっています。

岡田斗司夫さんも、『THE W2020』について触れていますね。

『M-1』や『キングオブコント』のように点数がつけられ、なおかつ、審査員がその点数にした理由を話すことができれば、視聴者の中でも納得する人は増えるのではないでしょうか。

しかし、『THE W』の場合は、どちらか一方に票を入れる勝ち残りなため、審査員は審査するのが非常に難しいでしょうし、視聴者としても、どこか納得感がいかない気持ちになってしまうのかもしれません。

また、審査方法の違和感に関しては以下の記事が非常に参考になります。興味のある人は読んでみてください。

>> 女芸人No.1決定戦『THE W 2021』で問われた審査方法と番組演出

ウォチマル
ウォチマル
審査員は毎回、苦しそうに審査しているよね。本当に審査が難しそう。
フクマル
フクマル
しかも、『THE W』は、漫才もあればコントもあるし、審査基準が難しいよね。

THE Wの歴代視聴率まとめ

『THE W』の歴代大会の視聴率は以下です。

2017年 → 13.1%

2018年 → 11.5%

2019年 → 11.6%

2020年 → 10.1%

2021年 → 8.9%

※関東地区

第1回目が最も注目を集めていたこともあり、歴代で一番視聴率が高いです。

しかし、第1回目の盛り上がりがイマイチだったせいか、第2回目は視聴率も下がっていますね。

第3回目は第2回目よりも少し上がっていますが、第4回大会は10.1%と過去最低を記録。

第5回大会は8.9%と一桁台になってしまいました。

大会はどんどん面白くなっているのですが、視聴率は下がっていますね。

ウォチマル
ウォチマル
大会はどんどん面白くなっているけど、視聴率は下がっているね。
フクマル
フクマル
テレビ全体の視聴率が下がっているから仕方ないのかも。

THE Wは視聴率が下がっているものの、注目度は上がっていると思う

『THE W』が始まったばかりの時は、まだどんな大会になるかわからなかったこともあり、一部の女性芸人は出場を見送っていました。

実際、ネタの評価が高い『友近』は第一回に出場するも『ネタの小道具が揃わない』という理由で欠場。

>> 「女芸人No.1決定戦」友近欠場で大ピンチ 予選で起きたマネジャーの大チョンボ

M-1準決勝進出経験のある『Aマッソ』は2017年〜2019年まで出場しておらず、『平野ノラ』『ブルゾンちえみ』など、当時、テレビでブレイクしていた芸人も欠場。

 

しかし、2019年大会で優勝した3時のヒロインが大ブレイクしたことや、審査員が芸人になったことから、どんどん大会の注目度が上がっているように感じます。

Aマッソも2020年大会から出場するようになっていますし、今では、女性芸人が目指す一つの大きな大会となりつつあるように感じますね。

ウォチマル
ウォチマル
視聴率は下がっているけど、注目度は上がっている。
フクマル
フクマル
大会のレベルは確実に上がっているよね。

THE W2021のお笑い芸人の感想

THE W2021を視聴した芸人の感想。

また、『THE W2021』の最終決戦で、Aマッソの優勝を疑わなかった大会サポーターのフワちゃんがオダウエダが優勝した際、涙を流していたのが印象的でしたね。

THE W2021みんなの感想

『THE W2021』の感想。

ポジティブな感想

ネガティブな感想

ツイッター上では、Aマッソか天才ピアニストの優勝を予想していた人が多いようです。

ウォチマル
ウォチマル
3組ともみんな面白かったけどね。
フクマル
フクマル
3組ともみんな売れそう。今後の3組の活躍が楽しみだね。

まとめ:THE Wは面白いです

『THE W』は2017年と2018年は酷評でした。

しかし、2019年以降は面白い大会になっており、2019年大会で優勝した3時のヒロイン、2020年大会で優勝した吉住がブレイクしています。

2021年大会は最終決戦での結果に納得がいっていない意見も多数ありますが、それでも、ツイッターを中心に論争が起きている時点で注目度の高さを感じます。

視聴率は下がっていますが、注目度は上がっているように思うので、2022年もぜひ、開催してほしいですね。

ウォチマル
ウォチマル
2022年大会が今から楽しみ!
フクマル
フクマル
ファイナリストに残った女性芸人、みんな売れてほしいね。

 

【関連記事】

>> THE Wの歴代大会(2017〜2021)の見逃し配信&フル動画無料視聴方法

>> THE Wの歴代優勝者&決勝進出者&司会者&審査員まとめ【女芸人No.1決定戦】

>> M-1グランプリの歴代優勝者&ファイナリストまとめ【点数&順位も紹介】

>> キングオブコントの歴代優勝者&ファイナリストまとめ【得点&順位も公開】

>> M-1グランプリの歴代審査員&司会者(MC)&アシスタントまとめ

 

〜お笑い賞レース特集〜