名探偵コナン

名探偵コナン『沈黙の15分』の感想ネタバレまとめ【雪崩のシーンは圧巻です】

名探偵コナン『沈黙の15分』の感想ネタバレ
ウォチマル
ウォチマル
劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター)』って面白いの??どんな作品か知りたいなぁ。。
フクマル
フクマル
OK!じゃあ今回は劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター)』がどんな作品なのか紹介するね!

というわけで、この記事では、劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分(クオーター)』がどんな作品なのか紹介します!!

具体的には以下の順番で紹介しますね!

この記事の内容

・名探偵コナン『沈黙の15分(クオーター)』のあらすじを紹介

・名探偵コナン『沈黙の15分(クオーター)』の感想を紹介【ネタバレあり】

・名探偵コナン『沈黙の15分(クォーター)』の口コミや評判を紹介

この記事を読めば、劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』がどんな作品なのか把握できます!!

フクマル
フクマル
劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』は最後の15分間がすごいです! 

名探偵コナン『沈黙の15分(クォーター)』のあらすじを紹介

〜名探偵コナン『沈黙の15分』のあらすじを紹介〜

都知事あてに脅迫状が届き、都営新地下鉄のトンネル爆破事故が起こる。

コナンの推理で奇跡的に被害者を出すことは免れた。

都知事が国土交通大臣時代に建設したダムの関係者が怪しいとにらんだコナンは、一路新潟県へと向かう。

すると、ダム移設5周年の記念式典でにぎわう村の雪原で、死因不明の遺体が発見され……。

引用元 シネマトゥデイ

名探偵コナン『沈黙の15分(クォーター)』の登場人物を紹介

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の登場人物は以下になります。

メインキャラクター

・江戸川コナン(工藤新一)

・毛利小五郎

・毛利蘭

・鈴木園子

・阿笠博士

・少年探偵団(吉田歩美、小嶋元太、円谷光彦)

・灰原哀

・服部平次

・遠山和葉

・目暮十三

・佐藤美和子

・高木渉

・白鳥任三郎

・千葉刑事

・小林澄子

・小田切敏郎

オリジナルキャラクター

・立原冬馬(たちはら ふゆみ) ➡︎ 北ノ沢村診療所の看護師

・山尾 渓介(やまお けいすけ) ➡︎ 無職で元服役囚

・氷川 尚吾(ひかわ しょうご) ➡︎ 保険調査員

・遠野 みずき(とおの みずき) ➡︎ ロッジ「KITANOSAWA」の従業員

・武藤 岳彦(むとう たけひこ) ➡︎ 木彫り職人

・立原 冬馬(たちはら とうま) ➡︎ 立原冬美の息子

・遠野 なつき(とおの なつき) ➡︎ 遠野みずきの妹

・千草 香織(ちぐさ かおり) ➡︎ 冬馬の同級生

・関 友恵(せき ともえ) ➡︎ 冬馬の同級生

・桜井 学(さくらい まなぶ) ➡︎ 冬馬の同級生

・渡部(わたなべ) ➡︎ 新潟県警の刑事

・笹本(ささもと) ➡︎ 渡部刑事の部下

・木崎 仙太郎(きざき せんたろう) ➡︎ 北ノ沢村診療所の医師

・畔上 忠男(あぜがみ ただお) ➡︎ 北ノ沢村駐在所の巡査

・水田 加奈(みずた かな) ➡︎ ロッジ「KITANOSAWA」の女性従業員

・朝倉 優一郎(あさくら ゆういちろう) ➡︎ 東京都知事

ウォチマル
ウォチマル
新潟県警の渡部さんは、戦場カメラマンの渡部陽一さんが声優を担当しているよ。
フクマル
フクマル
本人役で宮根誠司さんも登場するね!

名探偵コナン『沈黙の15分(クォーター)』の感想ネタバレまとめ【雪崩のシーンは圧巻です】

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』は、冬の雪山が舞台となっている作品です!

また、この作品を観ると、タイトルに使われている『沈黙』『15分』の意味も理解できてスッキリしますね。。

というわけで、ここからは、劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』を見た感想を語ります!!

結論から言うと、劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の見どころは以下になります!!

① 冒頭から大迫力のシーン!しっかりとアクションに浸れる!

② 【コナンの名言シーンが最高】少年探偵団に向けたメッセージが深い!

③ コナンが雪崩に巻き込まれる!?沈黙の15分の意味が深い!!

④ B’zの『Don’t Wanna Lie』の歌詞が映画にぴったり!!

また、ここから詳しく感想を語っていきますが、ネタバレも含みますので、まだ見ていない方は本編を見てから読むことをオススメします。。

ここからは本編のネタバレがありますので、ご注意ください!

① 冒頭から大迫力のシーン!しっかりとアクションに浸れる!

トンネルトンネル

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』は、冒頭から大迫力のアクションシーンを観ることができる作品です!

この映画は、朝倉優一郎という東京都知事に脅迫状が送られ、その翌日に開通式を予定していた新幹線を爆破させようとする犯人の犯行から始まります。。

たまたま阿笠博士の車に乗ってトンネルを通っていたコナンが、起爆装置を持った怪しげな人物に気づきます。。

トンネルは途中で新幹線の線路と交わるポイントがあり、犯人はトンネルを爆破することで、その上を通る新幹線をも巻き添えにし、朝倉都知事を狙おうとしていたのです。

 

コナンは、怪しい人物に気づいたものの、残念ながら起爆装置は押されてしまい、トンネルと新幹線を巻き込む大爆発が発生!

しかし、1人も死者を出すことなく事なきを得ます。

視聴者目線からみると、絶対にたくさんの死者が出ていたであろうほどのアクションシーンで冒頭からドキドキさせられるスタートとなっているんですね。。

この冒頭では、コナンがスケボーに乗ってトンネルを逆走するのですが、その時のシーンは、非常に迫力があって見ごたえ抜群です!

劇場版シリーズの見どころのひとつである『アクションシーン』において、今作は、かなり力が入っている作品だと感じますね。

② 【コナンの名言シーンが最高】少年探偵団に向けたメッセージが深い!

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』では、アクションシーンはもちろんなのですが、感動するシーンも含まれています。

その中でも有名なシーンがコナンの名言のシーンです!

 

『沈黙の15分』では、少年探偵団の光彦と元太がケンカをしてしまうシーンが出てきます。

少年探偵団は、いつも仲良しなので、ケンカをすること自体が珍しいシーンだと思うのですが、『沈黙の15分』では、かなり激しいケンカになってしまいます。

そんな二人の喧嘩を見て言ったコナンのセリフが『名言』だと思うほど良かったので紹介します!

コナンの名セリフ

“一度口から出しちまった言葉は、もう元には戻せないんだぞ。言葉は『刃物』なんだ。使い方を間違えると、やっかいな凶器になる。言葉のすれ違いで一生の友達を失うこともあるんだ。一度すれ違ったら、二度と会えないかもしれない。”

このコナンのセリフで少年探偵団は仲直りするのですが、本当に素敵なセリフで、大人でも響く言葉です。。

コナンの、この名言を人生のバイブルにしていきたいものですね。。

ウォチマル
ウォチマル
コナンの少年探偵団に対するメッセージは心に響く。
フクマル
フクマル
コナンのおかげで元太と光彦もすぐに仲直りできたね!

③ コナンが雪崩に巻き込まれる!?沈黙の15分の意味が深い!!

雪崩雪崩

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』のクライマックスでは、コナンが雪崩に巻き込まれるシーンが出てきます!

事件の犯人が分かり、一件落着となるはずが、なんと犯人の爆弾の起爆装置が押されてしまい、ダムが崩壊してしまうのです。。。

映画の冒頭のトンネルの爆破シーンも、かなりの大迫力アクションシーンでしたが、それに負けないくらいクライマックスも大迫力なシーンとなっています!!

 

ダムが崩壊し、大量のダム水が流れ出したその先には村があります。

このままでは村が沈んでしまうため、コナンは近くにあるスキー場の雪をスノボーで滑り、雪崩を起こしてその雪でダムの水の流れを変えようとしていたのです!!

コナンと阿笠博士の発明品であるスノボーによって雪崩を起こすことができたのですが、なんとコナンがその雪崩に巻き込まれて行方不明になってしまいます。。

 

蘭や園子、毛利小五郎、少年探偵団みんなでコナンを探しますが、まったくコナンが見つかりません。

その時に、タイトルの『沈黙の15分』という意味が分かります。

 

『沈黙』というのは、コナンが行方不明になっている状態のことをいい、『15分』というのは、雪崩に巻き込まれた人が生きていられる時間のことだったのです。

沈黙=行方不明になっている状態

15分=雪崩に巻き込まれた人が生きていられる時間

15分という時間は、雪崩を前にするとあまりにも短く、雪崩の怖さを再確認するシーンでもありました。

 

コナンがなかなか見つからないシーンでは、少年探偵団がケンカをした時のコナンの言葉を思い出し、「人はいつ会えなくなるかはわからない」というメッセージ性を強く感じ、グッとくるシーンでしたね。。

蘭も指先から血が出るくらい、雪を掘って探していて、コナンが無事に発見されたときには意識のないコナンを強く抱きしめています。。

この最後のシーンは本当に泣けますね。。

この時は、『コナンのことを工藤新一としてではなく、小学1年生の小さなコナンくん』だという視点になるときがあって、映画の世界に入り込んでいく感覚がありました。

この最後のクライマックスシーンは今作最大の見どころと言えますね。

④ B’zの『Don’t Wanna Lie』の歌詞が映画にぴったり!!

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』のエンディング曲はB’z『Don’t Wanna Lie』なのですが、この曲が、本当に映画と合っていて最高です!

特に、歌詞の中の以下の点が、劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の内容と合わさっていて感銘を受けました。

“失うまで 気づかない それこそが 得がたいもの
流れゆく 沈黙の時間(とき) 誰も教えてくれないタイミング“

コナンが持っている熱い熱量が歌になっていて、映画も歌も最高です。

名探偵コナン『沈黙の15分(クォーター)』の口コミや評判を紹介

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の映画レビューサイトでの口コミや評判は以下の通りです。

Filmarks 3.3
Yahoo!映画 3.33
映画.com 3.1

上記の評価は2020年5月11日現在のものになります。多少変動はあるかと思いますので、詳しく知りたい方は映画レビューサイトの公式サイトからチェックしてみてください!

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の映画レビューサイトの評価は、劇場版『名探偵コナン』シリーズでは、低めの評価となっていますね。。

 

また、ツイッター上での劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』の口コミや評判は以下のような感じです!

ウォチマル
ウォチマル
やはり、スケボーのシーンは評判が良いね。
フクマル
フクマル
コナンの名セリフに感動した人も多いよ。一方で、ストーリーに不満を感じた人もいるみたいだね。

まとめ:名探偵コナン『沈黙の15分(クォーター)』はラスト15分が最高の作品です!

劇場版『名探偵コナン 沈黙の15分』は、ラスト15分が非常に見ごたえのある作品となっています!

コナンに焦点が当たったドキドキのクライマックスは、何回観ても感動しますよね。。

個人的には、最近、コナンを工藤新一と重ねて観ることが多くなっていましたが、この映画はコナンを小学1年生の小さい男の子として、のめり込んで観ることができる作品だと感じました。。

名探偵コナン本来の良さが詰まっている作品だと感じますね。

〜名探偵コナン特集〜