2024年開催『アジアカップ2023』の視聴方法!テレビ放送&ライブ中継&見逃し配信を見る方法をわかりやすく解説!

IPPONグランプリ女子の見逃し配信&優勝者&出演者一覧まとめ!

IPPONグランプリ女子 見逃し配信 歴代女性優勝者 出演者
男性

IPPONグランプリ女子の見逃し配信や結果が知りたい。

このような質問に答えます。

この記事では、IPPONグランプリ女子の、

  • 見逃し配信を見る方法
  • 優勝者
  • 出演者

について紹介しています。

上記の情報について知りたい人は、ぜひ、参考にしてください。

ウォチマル

IPPONグランプリ女子はIPPONグランプリの女性限定版!

フクマル

初の試みだったけど、とても面白かったよ!女性芸人も面白かったし、女性タレントの回答も最高だった!

スポンサードリンク

タップできる目次

IPPONグランプリ女子の見逃し配信を見る方法!

IPPON女子グランプリの見逃し配信は配信されていません。

IPPONグランプリは「FOD」で視聴できますが、『IPPON女子グランプリ』に関しては配信が確認できませんでした。

詳細は不明ですが、IPPONグランプリは「FOD」で配信されていますが『IPPON女子グランプリ』は『まっちゃんねる』内での放送だったため、配信されていないのかもしれません。

ウォチマル

IPPONグランプリはFODで配信されているけど、『まっちゃんねる』はFODで配信されていないよ。

フクマル

IPPONグランプリの見逃し配信はどこで見れるの?

IPPONグランプリ女子の再放送の予定はある?

『IPPONグランプリ女子』の再放送の予定はありません。

過去に『IPPONグランプリ』が再放送されたケースもおそらくないので、再放送される可能性は限りなく低いです。

IPPONグランプリ女子の優勝者&出演者一覧まとめ!

2022年6月25日に放送された『IPPONグランプリ女子』のブロック戦から決勝戦までの結果は以下です。

\ 決勝戦 /

結果出場者IPPON獲得本数
優勝箕輪はるか
(ハリセンボン)
2
準優勝滝沢カレン1

\ 芸人ブロック /

結果出場者IPPON獲得本数
福田麻貴
(3時のヒロイン)
6
イワクラ
(蛙亭)
8
加納
(Aマッソ)
6
芸人ブロック勝者箕輪はるか
(ハリセンボン)
10

\ タレントブロック /

結果出場者IPPON獲得本数
タレントブロック勝者滝沢カレン11
神田愛花6
渋谷凪咲
(NMB48)
8
王林7

芸人ブロック戦はハリセンボンの箕輪はるかさんが10本のIPPONを獲得して勝利!

タレントブロック戦では、大喜利好きで大喜利のYouTubeチャンネルまで立ち上げている滝沢カレンさんが11本のIPPONを獲得して勝利。

決勝戦では、先に2本のIPPONを獲得した箕輪はるかさんが勝利して優勝しています。

ウォチマル

芸人ブロックのイワクラさんは緊張もあってか前半あまりIPPONが取れなかったけど、後半から巻き返したね。

フクマル

タレントブロックは神田愛花さんが神回答を連発!IPPONの獲得本数は一番少ないけど、一番インパクトは残したよね。

IPPONグランプリ女子ってどんな番組?

『IPPON女子グランプリ』は、女性のみが出場する『IPPONグランプリ』の派生企画です。

この番組は2022年6月25日の『21時〜23時10分』に『まっちゃんねる』内で放送されました。従来のIPPONグランプリでは、これまでに270人が出場しましたが、その中で女性はわずか7人に過ぎず、決勝に進出した女性は一人もいませんでした。

このことから、「女性は大喜利に向いていないのではないか」という疑問が浮上。そこで、女性の才能を特集するために、松本人志さんが『IPPON女子グランプリ』の開催を提案。この大会は、女性芸人と女性タレントの2つのブロックに分かれて、大喜利の対決を繰り広げます。

ルールは基本的にはIPPONグランプリを踏襲していますが、細かな点で異なります。

女性芸人ブロックと女性タレントブロックはそれぞれ4人ずつで構成され、各ブロックの勝者にはトロフィーが授与されます。対戦が終わった後、松本人志さんの提案により、女性芸人ブロックと女性タレントブロックの優勝者による「頂上決戦」が急遽設けられました。

この決勝戦では、2本を先取した者が総合優勝となりますが、通常行われる「動画でアフレコ」は省略。代わりに、ラリー形式での回答が行われ、松本人志さんが「○」「×」で判定しました。なお、総合優勝者には特別な賞品は用意されていません。

採点は、別室にいる松本人志さんと見届け人3人(川島明、大悟、バカリズム)によって行われます。採点者はそれぞれ2ポイントを持ち、8ポイントで「IPPON」となります。出場者は採点に参加しません。

「ドラムロール大喜利」では、早押しでの回答が求められ、「IPPON」が出た時点でゲームは終了。これにより、通常は1回ずつ回答機会があるものが、すぐに「IPPON」が出ると回答できない場合もあれば、複数回回答することもあります。また、松本人志さんと見届け人が考えたお題も出題されました。

松本人志さんと見届け人は、回答中に出場者に何か伝えたいことがある場合、中断ボタンを使用してゲームを一時停止し、その内容を伝えることができます。これは、松本人志さんが笑いすぎて判定を忘れるなどのハプニングにも対応するための措置です。大喜利の回答がお題から大きく逸脱している場合には、苦言を呈することもあります。

まとめ

IPPONグランプリ女子は2022年6月25日に放送されて以降、放送されていません。

第1回大会を見逃し配信で見ることもできないので、今、IPPONグランプリ女子を見ることはできないのが現状。

そのため、今後、第2回大会が開催される可能性は低いです。

ただ、第1回大会は本当に面白かったので、できればFODで見れるようにしてほしいですね。

ウォチマル

IPPONグランプリ女子は面白かったので、復活してほしい!

フクマル

女性芸人の回答も面白かったけど、女性タレントの回答も最高だった!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次